会社案内

四国ガスの歩み

大正元年 11月 今治ガス株式会社設立 資本金20万円
大正2年 5月 顧客数774戸で供給開始
昭和20年 11月 今治ガスを中心として、松山ガス、宇和島ガス、高知ガス、徳島ガス、讃岐ガス、坂出ガスを吸収合併、四国ガス株式会社と社名変更。
資本金220万円
昭和32年 12月 四国ガス式オイルガス発生装置完成
昭和34年 11月 四国ガス燃料株式会社設立
昭和36年 8月 今治市南大門町に本店ビル完成
昭和41年 4月 四国ガス工事株式会社設立
  6月 原料を石炭系から石油系に転換完了
昭和42年 2月 顧客数5万戸を超える
昭和45年 5月 香川県地区、オイルガスから購入コークス炉ガスに変更(5B→7C)
昭和48年 6月 顧客数10万戸を超える
昭和51年 10月 中森供給センター完成稼動
昭和59年 3月 松前工場完成稼働
昭和61年 12月 四国ガス工事株式会社が四国ガス産業株式会社に社名変更
昭和63年 9月 顧客数20万戸を超える
  9月 マイコンメータ導入開始
平成元年 10月 本支店オンラインシステム稼働
平成2年 5月 四国ガス初の体験型ショールーム「ピポット」が高松支店に完成
平成7年 1月 阪神淡路大震災発生 復旧救援隊を派遣
平成8年 3月 新ガス料金制度導入。複数二部料金制度に移行
  12月 お客さま数25万戸を超える
平成10年 2月 坂出の電力送電用鉄塔が倒壊。安全確保のため香川地区の9,000戸を一時閉栓
  10月 松山市営ガス譲り受け松山支店三津浜出張所として営業開始
平成12年 9月 天然ガスへの転換を決定
平成13年 3月 芸予地震発生(震度5強)
平成14年 9月 今治LNGサテライト基地完成
今治地区をスタートに天然ガス転換開始
平成15年 7月 高松工場完成
  8月 内航LNG船初入荷
  11月 四国初の天然ガススタンドが高松市朝日町にオープン
平成16年 4月 家庭用ガスコージェネ「エコウィル」の販売を開始
  6月 執行役員制度を導入
坂出LNG株式会社が設立される
  8月 高知工場(LNGサテライト基地)完成
平成17年 3月 高松工場で環境国際規格であるISO14001の認証を取得
  7月 本店営業本部、本店供給部が松山に移転
平成18年 3月 高知工場で環境国際規格であるISO14001の認証を取得
  5月 徳島工場完成
平成19年 4月 徳島工場で環境国際規格であるISO14001の認証を取得
  8月 丸亀支店と坂出支店を統合
平成20年 3月 今治工場で環境国際規格であるISO14001の認証を取得
  5月 宇和島工場(LNGサテライト基地)完成
  11月 松山工場(松山LNG基地)完成
平成21年 7月 家庭用燃料電池「エネファーム」販売開始
平成22年 3月 宇和島地区を最後に全地区の天然ガス転換完了
松山工場で環境国際規格であるISO14001の認証を取得
  7月 松前町に総合研修センター・技術研究所が完成
  11月 坂出工場完成、坂出LNGより受け入れを開始
平成23年 2月 「四国ガスLPG販売株式会社」設立
  3月 東日本大震災発生、復旧救援隊を派遣
  4月 「ガス生活館・ピポット高知」オープン
  9月 「四国ガスエネクス株式会社」設立
  12月 宇和島工場で環境国際規格であるISO14001の認証を取得
坂出工場で環境国際規格であるISO14001の認証を取得
平成24年 5月 情報システム部が松山に移転
  8月 「ガス生活館・ピポット徳島」オープン
  11月 創立100周年
平成26年 4月 「ガス生活館・ピポット松山」リニューアルオープン
平成27年 6月 今治市南大門町に新本店ビル完成
  7月 「ガス生活館・ピポット今治」リニューアルオープン
平成28年 2月 四国ガスグループ宇和島事務所ビル完成
  3月 四国ガスグループ丸亀ショールームオープン
  4月 熊本地震発生 復旧応援隊を派遣
  9月 高松支店事務所ビル完成
「ガス生活館・ピポット高松」リニューアルオープン
  10月 経営組織を事業本部制(管理本部・営業本部・導管本部・生産本部)へ変更
「四國瓦斯株式会社」から「四国ガス株式会社」へ商号変更