ガスご利用ガイド

寒い日には、ガス給湯器の凍結にご注意ください

 ガス給湯器には、凍結予防ヒーターが装備され、自動で機器内部の凍結予防を行なうことのできる機種もありますが、特に気温の下がる夜間や早朝には、ガス給湯器や配管内の水が凍結して、お湯が出なくなることがあります。
 ご参考として、ガス給湯器の凍結予防方法をお知らせします。

凍結予防方法

  • ①ガス給湯器のリモコンがある場合は、運転スイッチを「切」にしてください。
    リモコンがない場合はガス給湯器のガス栓をしっかり閉めてください。

    ※この処置を行なわないと、次の②を行なうことにより、ガス給湯器が運転(燃焼)することがあります。

  • ②給湯栓(お湯が出る蛇口)を開いて、少量の水 [1分間に約400cc(太さ約4mm)]を流したままにしてください。

    ※水道代はお客さまのご負担となりますことをご了承ください。(浴槽などで受けとると洗濯などに再利用でき経済的です。)

    給湯栓(お湯が出る蛇口)を開いて、少量の水 [1分間に約400cc(太さ約4㎜)] を流したままにしてください。

【ご注意】ガス給湯器の電気コンセントは抜かないでください。
凍結予防ヒーターが装備されている機種は、凍結予防ヒーターが作動しなくなります。

万一凍結した場合

万一凍結した場合は、無理に溶かそうとはせず、自然に解凍するまでお待ちいただくことをおすすめします。解凍後、ガス給湯器本体や配管に水漏れなど異常がないことを確認のうえお使いください。

ガス給湯器の凍結による故障につきましては、保証期間内であっても有償修理となりますのでご注意ください。