大会レポート

第10回四国地区大会

第10回ウィズガス全国親子クッキングコンテストが開催され、四国4県で4,729組の方からご応募をいただきました。
各県大会を見事通過した4組の親子が、12月4日の四国大会に出場し、全国大会出場の座をかけて腕を競い合いました。

四国地区大会の作品集

最優秀賞 伝えたい!広めたい!高知家のおいしいもん

料理写真
高知県代表 澤田 隆子さん/彩花さん(小学6年生)

優秀賞 “愛媛の風薫る!木下家の和み御膳

料理写真
愛媛県代表 木下 麻美さん/大悟くん(小学3年生)

カゴメ賞 徳島のおいしいがいっぱい あったかOUCHIごはん

料理写真
徳島県代表 平田 玉江さん/菜々美さん(小学5年生)

ウィズガス賞 体にやさしいカラフル定食

料理写真
香川県代表 中島 恵美さん/主貴くん(小学6年生)

参加者の声

保護者の声

 とても楽しく参加できました。夏休みの宿題のひとつでしたので、ちょうど習ったばかりの“地産地消”を実践したいという本人の想いでできあがったメニューです。自分で考え、段取りをし、なかなか普段の勉強ではできない経験ができたようです。しかも、思わぬ賞を頂き、本人のやる気も倍増し、お手伝いの回数も増えました。何より“作る”ことが楽しくなったようで、それがとても嬉しいです。

(徳島市 保護者Iさん)

 本当にいい経験をさせてもらいました!!夏休みの宿題として親子で取り組んで、あーでもない、こーでもないと一緒にレシピを考え実際に作って家族で試食。 出場が決まってからは親子で分担を考えたり、リハーサルしてみたり。何度も試食させられた主人も含め、本当に貴重な家族の時間を与えてもらった事に(モグッピー)感謝です!参加できて本当に良かったです!

(松山市 保護者Mさん)

 主婦歴16年になり、毎日の食事作りをしんどいと感じるようになっていた今日この頃…。息子と一緒に広々としたキレイなキッチンで料理することができ、久しぶりに料理が楽しいという気持ちにさせて頂けました。練習する時間もとれず、ぶっつけ本番で緊張もしましたが、息子と2人で時間内に満足いくものが作れて良かったです。 

(高知市 保護者Nさん)

 貴重な体験ができてうれしかったです。私はもともとあまり料理が得意ではないので、正直参加するのは気が重たかったですが、子どもが地区大会に選ばれたことをとても喜んでやる気になっていたので、子どものためにもがんばろうと参加を決意しました。やってみて良かったと思います。

(高松市 保護者Fさん)

お子さんの声

 はじめ選ばれたことが信じられなかったけど、地区大会に参加できてとてもうれしかったです。家とは違うキッチンで慣れなかったけど、自分なりに頑張りました。他の親子の料理も食べれて良かったです。

(小学5年生 Fさん)

 初めて、今回のコンテストに参加させてもらって自信はなかったけど、クラスのみんなの応援がとっても心強いものとなりました。また、母との協力プレーで家庭らしい温かい味を作ることができたし、来年も出場できたらいいと思います。

(小学6年生 Nさん)

 私が好きな母の料理を書いて応募した物が地区予選に選ばれ、いざ自分で作るとなり作ると時間がかかり大変でした。でも練習を積み重ねて、本番で自分が活躍できてよかったです。また、コンテストを体験して、ふだん母のありがたさや、ガス器具の大切さがよく分かりました。ありがとうございました。

(小学5年生 Yさん)

ページトップへ戻る