取り組み・活動

HOME  >  企業情報  >  取り組み・活動  >  経営効率化への取り組み  >  本支管工事に関する保安への取り組み詳細

本支管工事に関する保安への取り組み詳細

① 安全確保の取り組み

  • 高い耐震性、耐腐食性を有するPE管への入替促進
    →本支管耐震化率:96.5%…2018年3月末(全国平均:87.1%…2015年12月末)
    →PE管率:61.8%…2018年3月末(全国平均:44.4%…2015年12月末)
    →業界目標 耐震化率90%…2025年、PE管率60%…2030年 をクリア
  • 自社工事事故ゼロへの取り組み
    →社員、工事関係者への保安教育の充実
    →自社研修所における各種工事技能向上を目的とした研修を実施
    →リスクマネジメントの実施
  • 災害やガス漏えい等の緊急時には保安の確保の為、365日24時間の対応
  • 公的資格+社内資格の有資格者による安全で高品質な工事施工

② 下請け業者の社内資格保有数

≪公的資格≫ 平成30年6月現在
資格名 取得者数
1級 管工事施工管理技士 38
2級 管工事施工管理技士 55
1級 土木施工管理技士 55
2級 土木施工管理技士 90
1級 舗装施工管理技術者 1
2級 舗装施工管理技術者 17
JGA 第1種 内管工事士 139
JGA 第2種 内管工事士 72
JGA 内管 活管工事 185
JGA 内管 溶接管理士 27
液化石油ガス設備士 108
第1種 電気工事士 6
第2種 電気工事士 37
給水装置工事主任技術者 94
下水道排水設備工事責任技術者 91
≪四国ガス資格≫ 平成30年6月現在
資格名 取得者数
本管工事管理士 69
第1種 本管工事士 93
第2種 本管工事士 58
第3種 本管工事士 40
第1種 供給管工事士 26
第2種 供給管工事士 18
装置工事管理士 45
装置工事設計管理士 17
消費機器調査員・内管検査員資格 90

③ 社内資格に関する概要及び問い合わせ窓口

資格区分と業務範囲(資格区分・等級・業務範囲)

資格区分 等級 業務範囲
本管工事管理士   すべての中・低圧本支管、供給管工事の施工管理監督(図面作成、工程管理、渉外、検査等)および配管工事
本管工事士 第1種 すべての中・低圧の本支管、供給管の工事
第2種 管口径100A以下の低圧本支管、供給管の工事
第3種 第2種以上の本管工事士の作業指示に基づく実務作業

受講者の要件(資格区分・等級・受講の要件)

資格区分 等級 受講の要件
本管工事管理士   第1種本管工事士の資格取得後1年以上の実務経験を有していること
  第1種 第2種本管工事士の資格取得後2年以上の実務経験を有していること
本管工事士 第2種 第3種本管工事士の資格取得後1年以上の実務経験を有していること。又はその他の配管工事の実務経験があり、会社が認めた工事人
  第3種 本管工事の見習として3ヶ月以上の実務経験を有していること
  • 資格認定研修/試験あり
  • 溶接工事については別途規定あり

問い合わせ窓口

社内資格の取得や、本支管工事に参入をご検討の方はお問い合わせください。

四国ガス株式会社 導管本部 導管計画部

(電話)089-945-1217
松山市味酒町1丁目10-6 四国ガス第一ビル 7階